頭頂部の薄毛が気になったらAGA治療で改善しましょう

AGAの原因によって治療法がかわる

AGAは男性型脱毛症とも呼ばれ、額や頭頂部が薄くなるのが特徴です。男性型脱毛症といいますが、女性にも起こる薄毛で、女性の場合には、全体的に薄くなります。
額が徐々に薄くなるタイプは、男性ホルモンが原因の場合が多く、薄毛の原因となるジヒドロテストステロンという男性ホルモンの生成を抑制するプロペシアを服用することで、乱れたヘアサイクルを整え、薄毛を解消していきます。
一方、頭頂部が薄くなるタイプは、血行不良が原因の場合が多く、プロペシアを服用してもあまり効果はありません。このタイプの薄毛には、血行を促進するリアップが効果的で、症状にあったAGAの治療を行うことが薄毛改善には不可欠です。
AGA専門のクリニックでは、それぞれの症状や原因を見極めてオーダーメイドの治療を受けることができます。

症状にあわせた治療法をみつけることが重要

AGAは、額が徐々に薄くなるM型と、頭頂部が薄くなるO型、両方が混ざった混合型があります。それぞれ症状や原因が違いますから、適切な治療を行わないと、改善しません。
プロペシアやリアップなどのAGA治療薬は、長期間治療を行う必要があり、毎月の治療費も経済的な負担となる場合が少なくありません。
特にAGA治療は健康保険が適用されませんから、診察料はもちろん薬代も全額負担となり高額になってしまいます。
少しでも費用を抑えたい場合には、通販で治療薬を購入すると、診察料もかからず、薬代も安く購入することができるのでおすすめです。
ただ注意しないといけないことは、通販では偽薬が多く出回っているので、効果がないものも少なくありません。偽薬を購入しないためには、実績のある信頼できるショップから購入することが大切です。

気になる頭頂部のベタつき、薄毛の原因かも?

薄毛の原因を把握する

薄毛になるパターンとしては、前髪の生え際から徐々に後退していくパターンやこめかみのあたりからそりこみのようにM字型に薄毛になっていくパターン、また頭頂部から薄毛になっていくパターンなどさまざまなパターンがあります。
薄毛の原因には、血行不良やホルモンバランスの乱れ、その他にも、頭頂部のベタつきなどがある場合には、頭皮の皮脂分泌過剰などの可能性があります。
皮脂分泌が多いことで、頭皮の毛穴が詰まりやすくなることもあり、そのため抜け毛増加の原因になる場合があります。
それ以外にも、食生活の乱れにより、栄養が偏って摂取してることで、頭皮や髪の毛の栄養不足になることも抜け毛増加につながることもあります。そのため、さまざまな食材を使い、バランスのよい食事を心がけていくことも、抜け毛予防になるでしょう。

頭皮の毛穴を詰まらせないためには洗髪が大切

頭皮を清潔に保つことも抜け毛予防や対策として重要なポイントといえるでしょう。洗髪をすることで、ある程度余分な皮脂や頭皮についた汚れなどを落とすことになります。しかし、あまり丁寧に洗いすぎることで、肌にダメージを与えることもあるので、注意が必要です。理由としては、皮脂は本来、肌を外部からの刺激や水分の蒸発などを防いでくれる頭皮を保護する役割を担っており、洗髪で頭皮に必要な皮脂まで洗い流してしまうと、頭皮を守るものがなくなり、また頭皮の水分の蒸発を防ぐことができなくなってしまいます。そのため頭皮が肌荒れしたり、乾燥してしまいフケなどがでやすい状態になってしまうこともあります。
洗髪をする時は、適度に汚れや余分な皮脂を洗い流し、また、洗い流すために使うお湯はぬるま湯を使用するといいでしょう。

薄毛対策に効果の有る治療方法の選び方

目的や症状に合わせて治療方法を選択

薄毛対策を行う時には、自分の抱えている症状や目的に合わせて治療方法を選びます。現在では様々な選択肢が用意されており、自分で行う場合には育毛シャンプーや育毛シャンプーなどの育毛グッズを利用することができますし、専門のクリニックに通えば塗り薬や内服薬での治療が行われます。また、最近では有効成分を注射する方法も出てきており、更には幹細胞を用いて細胞分裂を強制的に促す方法もあります。これらの治療法は得られる効果も異なりますし、かかる費用にも差があります。長く続けなければならない対策ですので、まずは負担にならないかどうかを考え、その上で自分の目的に合わせて続けやすい方法を選択することが大切です。万が一思ったような効果が得られないということが分かっても、途中で別の方法に切り替えることも可能です。

少し進行した薄毛対策には

少し進行してしまった薄毛に対応するためには、効果を第一にした選び方をしなければなりません。抜け毛が増えてきて発毛がなかなか見られないような状態では、短い期間でもかなり薄毛が進行してしまう恐れもあります。進んだ薄毛にはセルフケアによる改善は期待しにくいので、どちらにしても専門のクリニックなどの機関を利用することになります。
最近多くの人が利用している治療法は、内服薬と塗り薬を併用することです。内側からも外側からも同時にケアを行うことで、効率良く改善していくことができます。特に内服薬の効果は高く、短い期間でも効果が得られる可能性があります。
それよりも更に高い効果が期待できるのが有効成分を頭皮に注入する方法であり、直接成分を入れることで有効成分が働きやすくなります。短期間でも発毛が期待できる方法です。

薄毛対策に有効な成分や栄養素といえば?

薄毛対策に必要な栄養素

髪を作るためには必要な栄養成分があります。薄毛対策のためには、それらの栄養をしっかり摂るということが大切です。
髪はケラチンとよばれるたんぱく質で出来ています。そのため、タンパク質は髪を作るために最も重要な材料です。肉や魚、卵といった動物性のものと大豆や大豆製品のように植物性のものの二種類があり、その両方をバランスよく食生活に取り入れることが大切です。
髪を作るためにはビタミン類も大切です。血行を促してくれるビタミンEや細胞の成長を促すビタミンB群などを意識して食べましょう。
亜鉛も重要です。亜鉛は髪を作るためにも大切ですが、ほかでも使われるため不足しやすい栄養素です。大事だからといって取り過ぎもよくないので、亜鉛を含んだレバーや牡蠣、魚介類などを意識してこまめに摂るようにしましょう。

必要な栄養素を上手に摂るには

タンパク質やビタミン、亜鉛など髪にとって必要な栄養成分をバランスよく摂るためには、栄養バランスのよい食事を一日三回、規則正しく摂りましょう。
どんなに髪に良い成分であっても、一度に摂り過ぎるのはよくありません。
亜鉛や一部のビタミンなどは、過剰摂取によるトラブルも考えられます。必要な量を適度に継続して補うということが大切です。そのため、一度にたくさん食べたり、サプリメントを過剰に使うのは避けましょう。
栄養バランスのよい食事を基本とし、サプリメントは補助の役割で活用するとよいです。食べなさすぎもよくないのですが、食べすぎも内臓に負担をかけるのでよくありません。
一度にたくさんあっても身体のほうが処理しきれなくなってしまいます。健康上のトラブルを避けるためにも、適量を継続して摂るよう心がけましょう。

薄毛対策に効果的な食事メニューは?

薄毛対策の食事はバランス良くが鉄則

薄毛対策を行う時には、食事内容にも気を付けなければなりません。最近では良い薬が色々と登場しており、クリニックで処方される内服薬や塗り薬は少し進んだ薄毛にも大きな効果が期待できます。しかし、これらの薬がどんなに優れていても、体内環境が整っていないときちんとした効果を得ることができません。
薄毛対策を行う際にまず最初に覚えておきたいのは、バランスの良い食事を心掛けることです。確かに発毛に良い栄養素というものも存在しますが、ベースとして大事なのは様々な栄養素をバランス良く取り入れることです。食事内容に気を付ける場合には自炊をしていれば色々な工夫をすることができますが、中には忙しくて自炊をできない人もいます。そのような場合でも必要な栄養素をサプリメントで取り入れれば、効果的な対策を行うことができます。

健やかな髪の毛を育てるために必要な栄養素とは

健やかな髪の毛を育てるために必要な栄養素の一つにたんぱく質やミネラルがあります。髪の毛は18種類のアミノ酸から構成されるたんぱく質であるケラチンからできており、このケラチンを合成するためにはミネラルが必要不可欠です。たんぱく質もミネラルも食べ物から摂取することができ、積極的に取り入れることで健康的な髪の毛を作り出すことができます。
また、髪の毛の成長を促すためには亜鉛も必要であり、体内で分解されたアミノ酸を集めて再合成をする時に必要な成分です。たんぱく質の吸収を高める作用もありますので、一緒に摂ると更に効果的です。
その他、頭皮の新陳代謝を促進させるためにはビタミンB群が必要です。ビタミンB群を取り入れると皮脂の分泌を抑えることができ、細胞の新陳代謝を高める作用も期待できます。